読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫畜生の日常

日常と虚構のワルツ

アマゾン

から手紙が来た。 アマゾンと言うと大手通販サイトがイメージされるが、そうではない。 南米にある方だ。 実を言うとアマゾンには友人が三名ほどいる。僕はかつて彼らと同棲していた。 三人のうち一人が非常に乾燥に弱かった為、永続的に湿気ている地域に行…

あけました

おめでとうございます。 僕です。 年も明けまして2017年ですね。 今は東京で生活しております。 出会い系で言うサクラの中の人みたいな仕事をしています。 危機感しかない。 【昨年の総括】 昨年は僕にとって本当に怒涛の一年でした。 まさか京都を離れ東京…

実家

に居る。 家の荷物を引っ越し業者が持って行ったからだ。 実家には何もない。漫画も、小説も、ゲームもパソコンも、何もない。 娯楽を制限された生活は僕に子供の頃を思い出させた。 子供の頃はよくファミコンをしていた。 兄と姉はスーパーファミコンをして…

遠方への引越しの際気をつけた方が良い話 物件編

前書き この度無事に転職が決まった。 現在僕は京都に住んでいるのだが、次の職場は東京だった。 そのため引越しをする必要があった。 そこで酷い目に遭った。 今回の失敗談をここに記しておく。 遠方への引越しや近場でも引越しを検討されてる方に少しでも…

天下一品祭りだと大きく告知されていたので

天下一品に行った。 日曜の昼間と言うだけあってか普段店内に二組客がいれば御礼状態の近所の天下一品が満席になっていた。 これは凄い事である。 カウンター席に座らされてあっさりの大を頼んだ。 天下一品のあっさり味とはちょっとした因縁がある。 学生時…

バランスボール

を購入した。 僕は現在暇があればパソコンをする生活だった。 一日座っていて、外に出たかと思ったらビールを飲む生活だった。 絶食したからドアは通れるが、下っ腹のデブさ具合は隠せなかった。 心のデブさは隠せなかった。 一度街中にいるホームレスの人と…

昼夜が逆転する呪い

にかかった。 夜寝れないのに昼に寝てしまう呪いなのであった。 この呪いを解くには西の最果てに住むと言う魔女に会う必要があった。 そんな訳で外に出ようと思ったのだが、着ていく服がなかった。 ふんどしとか、Tバックとか、何故かそんな物ばかりが見つか…

絶食すればやせると思ったのかい

三日間の絶食の後 三日間の絶食を通してどうにかドアから抜け出す事に成功した。 僕は三日間絶食したわけだが、同居人はその間僕が備蓄しておいた炊き込みご飯を食べて凌いでいた。 「デブなのにやつれてるんですね」と言われて心が温まった。 三日遅れで面…

デブは家から出られない。

暇だ暇だ と言い続けていたら「暇なんだから来いよ」と言う名目で飲み会に誘ってもらいまくっていた。 気がついたら一週間でお酒を飲んでいない日が一日しかなかった。 こんなに誘ってもらえるなんてありがたい話ですね、何て思っていた。 久々に面接だった…

猫娘に会うためにどう戦略を組むのか?

【猫娘とは】 猫耳と尻尾がついた娘。 凄く可愛い。(※画像はおっぱいが大きかったので全く関連がないですが最高です) 【猫娘と会うために、糸口を探す】 猫娘に会いたいんだけど、と言う話を僕がすると馬鹿じゃないのと言われた。 正確にはお馬鹿じゃない…

「秋が近付いて来たんだね」って隣人が恋人と会話していた話

【現状】 関西の面接が全滅したので家に引きこもっていますが、寄る年波がそれを許してくれません。 今日母が晩飯に招待してくれたので実家へ向かったのですが、道中鳩に糞をかけられました。 人生って厳しい事の連続なんだなって思いました。 【隣人の話】 …

大学の友人が教えてくれた本当にあったら怖い話

【A君】 大学時代の友人であるA君が度々飲もうと言ってくる。 先日A君と飲んだばかりなので少し飲みすぎな気もする。 僕の様なスーパーネオ無職ならいざ知らず、A君は社会人なのである。 「僕も無職とは言え、それほど暇ではないのですよ」 僕が言うと彼は「…

僕の大学時代の友達はいつの間にか風を読む能力を会得していた。

【後輩の話】 昔僕の後輩に太った男が居た。 彼は僕が所属していた軽音楽部の後輩だった。 ある練習終わり、ボーカルを担当していた女の子が飲み物を忘れてしまった。 「このままだと喉を痛めるかも……」と彼女は不安げな表情をしていた。 その様子を見た後輩…

餃子と会話してはいけない理由

【晩御飯について】 今日の晩御飯は餃子でした。 大事な事なので言っておきますがミンミンが放つ出来合いの餃子でした。 小麦粉を溶かした水を一緒にぶち込むとぱりぱりして上手いです。 【餃子が喋った!】 僕がご飯を食べていると餃子が話しかけてきました…

ギターを扱う際絶対にやってはいけないたった一つのこと

【前置き】 今日は髪を切りに行きました。 いつもお世話になっている美容師さんが異動なさるそうで、次回の担当者はお前を禿にすると言われました。 僕がすでに禿げている事実を告げ、あなたがいつも切っているのは実はカツラなのですよと告げると彼は悲しそ…

一日の流れを考える際最初に行いたい三つの事

【前置き】 タイトル詐欺みたいな事してみました。 タイトルと記事は無関係です。 【今日の予定】 小説を一冊読み上げる。 文体を真似て短編を書き上げる。 更に長編の執筆を行う。 終わったら校正の勉強を行う。 映画をレンタルし、シナリオの構成などを分…

バイト

が決まっていたのに蹴ってしまった。 なんかこう、焦って仕事を探している気がして違う気がしたからだ。 これで本格的な無職に戻ってしまった。 そろそろベランダで畑を作ろうかと思う。 そうすれば食料を買えなくなっても心配がない。 暇なので時間の合間に…

先日

家に帰ってくると彼女の姿がなかった。 いつもなら天井から逆さづりの状態で僕に髪の毛を絡めてきて脅かしてくると言うのに。 一体どうしたのだろうとカレンダーをみてハッとした。 そうか、もう盆が終わったのだ。 盆が終わった部屋は静かなものだった。 机…

日焼け

が酷すぎてほとんど動かなかった。 鏡に映った僕の姿は非常に黒く、闇なのか人なのか判別がつかなかった。 途中で宅急便が来たので彼女と一緒に宅配業者の方を出迎えると業者の人は悲鳴を上げて逃げ出した。

ナガスパ

に行った。 会社の方々に誘ってもらったからである。 待ち合わせ時間に一時間程遅刻して到着した。 皆で同期と上司の車にそれぞれ別れて目的地へと向かった。 帰省している僕の彼女も折角なので連れて行った。 彼女はナガスパに行くのが初めてらしく興奮して…

数日間

色々あってまったくブログを更新できていなかった。 この数日で僕の近況は大きく変わった。 まず僕は仕事を辞めた。 それまで社蓄だった僕はただの猫畜生に戻った。 これからどうするのか、とか先の展望は、とか色々考えるべきことはあるのだが、ひとまず僕…

数年

ぶりにライブに出た。 私は趣味でバンド活動をしているのだが、1年前に結成したっきりまるでライブなんて出れる気配がなかった。 一念発起してようやく出ようという話になり、今回無事に出演を果たした。 僕が楽屋で寝ているといつの間にかスタート時刻にな…

琵琶湖

に行きました。 会社の同期や上司にさそってもらったからです。 学校のプールの時間以外で泳ぐ事なんて人生で初めてでした。 スク水で泳ごうかなと思って張り切っていたのですが残念ながらそうはならなかった。 何の根拠もなしにこれ似合うんじゃないのと先…

のチューニングを久しぶりに行った。 ここ数日歩きっぱなしで、休みの日も体を休めず歩き回っていたため体にガタが来たのであった。 お風呂に入って足をよくマッサージしたあと、ストレッチを十分行った。 そのあとネジを外して足の内側にあるボルトをチュー…

梅雨

が明けたとびしゃびしゃの少女が僕のパソコンをいじりながら言った。 最近の彼女はびしゃびしゃになる事があまりなかった。乾いていた。 例年に比べると少し遅いんじゃないのと僕がゴリラと黒髭危機一髪を遊びながら言うと、そうかもしれないねと彼女は答え…

キングダム

がおもしろい。 キングダムは紀元前中国において秦が国を統一するまでの話を描いた物語である。 お前みたいな下僕がのし上がっていく話やで、僕にキングダムを勧めた先輩はそう説明した。 現在四十巻を越える巻数が出ているが、近くにあったレンタルショップ…

食材

がよく余る。 正確には作った料理が余るのだ。 本来必要な量を見誤り、食べる事が出来ると思って作成した量が異常に多くなってしまう現象だ。 いつの間にか冷蔵庫に入らなくなってしまった余りものの料理たちを見て僕は静かにため息をついた。 そんな時、チ…

梅雨

明けももうすぐねというオカマの発言と少女がくしゃみをするのはほぼ同時だった。 何言ってんの。僕は尋ねた。あんた何言ってんの。 「梅雨明けがもうすぐだって言ってんのよ」 おかまがいうには梅雨明けの日にちをネットで検索したところ、今月の二十日ごろ…

フランス料理

を食べに行った先輩が「最高やったわ」とおっしゃっていた。 「どう最高なんですか」 「まずミシェランの星がついとるの。コース食べるのに三時間くらいかけてな、味もホッペ落ちそうなくらいおいしいんや」 「へぇ」 まるで自分の生きてきた世界と異なる話…

がよくふる。 最近びしゃびしゃの女の子がよく外に出歩いているらしく、いつも通りびしゃびしゃになって帰ってくる。 仕方ないので僕とゴリラで風呂に入れなければならない。 すっかり暑くなってはいるが夜は冷えるのだ。放っておくと風邪をひいてしまう。 …

スタジオ

に六時間ほど入った。 僕はドラムをやっているのだが、六時間目には腰が抜けるかと思うくらい痛かった。 バンドメンバーと別れて駅のホームでたっていると背後を通ろうとした人とぶつかって僕の腰がスポンと抜けて地面に転がった。 「どうもすいません」と言…

昼間

主体の生活にしてからすこぶる仕事の調子が良くなった。 おかげで帰ってから寝るだけの生活が続いている。 仕事の終わりに小説を書いたり、曲を作ったりするのが僕の主体だった。 夜更かしをしない生活は随分と体を楽にした。 そして休みを除くと趣味に没頭…

スーパー

で買い物をしていたところ、先日最終面接に行った企業から連絡があった。 リクルートではなくマイナビから登録しなおして応募して欲しいとのことだった。仲介料が違うらしい。 僕はリクルートではエージェントを介して応募していた。 三年間現場で仕事をして…

今週

は怒涛である。 まず休みがない。 そして先日行った最終面接の結果が出る。 更に数年前に振られた女の子と飲む約束をしている。 単純計算で言うと二日に一回はイベントが起こる割合である。 いや、休みがないのはイベントではなく状況でしかないのでそれをイ…

なんだかよく

わからないうちに数日が経った。 またしても部屋がジャングルみたいになっていたのでゴリラとおかまと少女と共に掃除をした。 少女はつねにびちゃびちゃに濡れている為途中で戦力外通告した。 家事を一通りこなすと疲れがでて気がつけば眠っていた。 主婦を…

文章を

あまり書いていない。 そろそろ書いたほうがいいかな、などと思いながらAV女優つぼみのヌード写真集でひたすらデッサンばかりしている。 デッサンをしていると不思議な気分になる。目のまえにいる人の概念が崩壊する。 この女性は一体誰だろう。神か? しか…

名古屋

に行った。 次の職場を決める為の面接があったからだ。 会話をしていて実質内定的な発言を多々された。 やった、これで無事転職する事ができる。私は安堵した。 その後学力試験が行われた。事件はそこで起こった。 学力試験は俗に言うSPIと言うやつで、数学…

羊と鋼の森

がすごい。 久々に文字の渦に飲まれている感覚がする。 仕事の昼休憩の際、私はいつも時間つぶしに本を読む。 大体十分もすれば日ごろの疲労も相まって眠たくなるのだが、この本は私を寝かせてくれない。 なんてエッチなんだ! おかげで昼休憩の際眠る事が出…

全力疾走

した。 我が家はいわゆる駅近というやつで、自宅から駅までは徒歩五分ほどの距離に位置する。 今朝、いつもの様に身支度を整えふと時計を見ると電車までの時刻が残り三分を切っていた。 この電車を逃すと遅刻する確立はグッと上がる。 私は走った。 途中パン…

コンビニ

に寄った際、魔法瓶になっているポットを見て同期が「これで俺も魔法使えるんじゃないか」などと言っていた。 いい歳して何を言っているんだ彼は、などと思い、帰宅してこの話をゴリラにするとゴリラは我が家にあるティファールを指差した。 僕が「残念なが…

面接

だった。 多分人生を左右する敵な面接だった。 本社が遠方にあるということなのでSkypeを利用したカメラ通信越しの面接だった。 実を言うとSkype面接はこれが初めてではなかった。 以前にもいちどSkype面接を行った事があった。 そのときは窓を開けていたた…

激務

だった。 死んだように眠っていた。 むしろ半分死んでいたのかもしれない。 眠っている最中に死んだ祖母に会った。 元気そうで何より。 何だか書きたいことが山ほどあったのだが半日ほど眠ると全て忘れてしまっていた。 仕方なく前もって取っておいたメモを…

在庫照合

だった。 私がレジ中の在庫チェックをしていると、ふいに背後のカウンターがトントンと鳴り響いた。 振り返るとお客様が無言で立っており、商品をレジにおいてカウンターを叩いていたのだ。 声掛ければ良いのに、なんだこいつは。 そう思ったが気づかなかっ…

社員食堂

の入り口近くにはいつもその日のメニューのサンプルが置かれている。 このサンプル、蝋で出来た食品サンプルなどではなく、実際の食材を使用しているようでいつも時間が経つにつれ食材がくたびれていくのだった。 今日の一押しメニューはラーメンだった。ど…

先輩達

と飲んだ。 先日結婚した先輩と、後輩君と、僕と言う三人だった。 色々話したが、あまりたいした話はしていなかった気がする。 折角久々に飲んだのだから大切な話くらいしたいものである。 しかし飲み会における大切な話とは一体なんだろう。 生きる意味とか…

ボーナス

をもらってから退職しないかと言われた。 そうなると僕が予定していたよりも二ヶ月遅い七月末に退職する事になるのであった。 さらにそうなると八月から転職活動を本格化、と言う流れになるわけだ。 しかし八月はお盆と言う事もありあまり転職活動には向かな…

食費がすごい

事になっている。 僕は仕事から早く帰宅できたとき、まだスーパーが空いている時間であれば食材を買いに行く。 毎回スーパーに行くたびに千円くらい使っている気がする。 一体何故そんなに行くのか分からない。 実際自分で作るご飯の食費をどう換算しても2,3…

帰宅

すると昨日拾った少女がいなかった。 家に帰ったのかな、などと思ったがなんと彼女はベランダで空を見上げていた。 今日は晴れていたはずだが何故か彼女はびしょびしょに濡れていた。 拭いても拭いてもすぐずぶ濡れになるという事だった。 ベランダが落ち着…

久々に

幼馴染に会った。 会うのは二ヶ月ぶりだった。 それほど久しぶりでもなかったが随分と髪が伸びていて東南アジアあたりで活動する日本のフリーライターみたいになっていた。 聞けば今度東南アジアへ行くという。 僕の勘も捨てたものではないなと思った。 夕方…

今日も

何もない素晴らしい一日だった。 晩御飯はやきそばにした。 いつもより食材がたくさんあったので少しだけ豪勢なものを作った。 ゴリラがバナナを食べながら僕のフライパン捌きを横で見て拍手していた。 四年間パスタ屋さんでバイトした甲斐があったな、と思…