日常と虚構のワルツ

嘘時々ホント

アマゾン

から手紙が来た。

アマゾンと言うと大手通販サイトがイメージされるが、そうではない。

南米にある方だ。

 

実を言うとアマゾンには友人が三名ほどいる。

僕はかつて彼らと同棲していた。

三人のうち一人が非常に乾燥に弱かった。

その為、永続的に湿気ている地域に行く事になったのだ。

 

手紙を開くと「新年明けおめ」という旨のメッセージが書かれていた。

彼らは僕が今、出会い系のサクラみたいな仕事をしているという事を知らない。

 

仕事を始めてもう一ヶ月半になる。

すでに転職活動をしている。

 

職場や職場の人に別段文句はない。

本当に全然文句はない。仕事内容にしか。

 

ライターと言う仕事がここまで闇が深いと思わなかった。

暗黒を軽く凌駕している。深淵である。

そんなわけで研修期間中に移れそうなら移ろうと考えた。

明日面接である。

これで落ちたら僕はプロのサクラにならざるを得ない。

もしそうなったら一流のサクラになろうと思う。

広告を非表示にする