日常と虚構のワルツ

嘘時々ホント

実家

に居る。

家の荷物を引っ越し業者が持って行ったからだ。

実家には何もない。漫画も、小説も、ゲームもパソコンも、何もない。

娯楽を制限された生活は僕に子供の頃を思い出させた。

子供の頃はよくファミコンをしていた。

兄と姉はスーパーファミコンをしており、僕はおさがりのファミコンしかさせてもらえなかったのだ。

ドラクエ5かまいたちの夜と言った神ゲーを姉達がやる中、僕はデータが速攻で消えるドラクエ3をやると言った苦行を行っていた。

面白そうなゲームを眺めるだけだった僕にとってスーパーファミコンと言うのはすこし特別な存在だった。

憧れの先輩的な位置だった。

そこに居ると胸が高鳴るし、手が触れるとドキドキした。

皮肉な事に、自由にゲームを買えるようになった今となってはゲーム自体しなくなってしまった。

でも憧れである事に変わりはない。

思い出は風化するけれど、感情は劣化しない。

実家に帰るとそんな懐かしい事を思い出す。

そう言えば家を引き払う際、同居人も他方へ行く事になった。

「一緒に東京に来るかい」と尋ねたが「私生まれも育ちも京都人ですので」と断られた。

私も生まれも育ちも京都なのですが。

そこらへんいかがお考えなのだろうか。