日常と虚構のワルツ

嘘時々ホント

関西の面接

が全滅した。

家に引きこもっているが、自らの社会的地位がそれを許してくれない。

 

今日、母が晩飯に招待してくれた。

実家へ向かったが、道中鳩に糞をかけられた。

人生って厳しい事の連続なんだなって思った。

 

ところで、僕の家は角部屋で、隣人は若い男性が住んでいる。

ときおり、可愛らしい彼女が遊びに来ているのを見かける。 

ひょっとしたら同棲でもしているのかも知れない。

ただ、別に隣人にそこまで興味がないのでそれはどうでもいい。 
肝心なのはここからだ。

 

その日、僕はいつもの様に家で筋トレに励んでいた。

すると、

「今日は涼しいね、秋が近付いて来たんだね」

と隣人が彼女と会話しているのが聞こえた。

 

その会話があまりによく聞こえる為、僕の脳裏にある恐ろしい仮説が浮かんだ。

それは、僕が見ているエロ動画の音声は、全て隣人に聞こえているのではないかと言うことだ。 
 
世界にプライバシーはない。

 

広告を非表示にする