日常と虚構のワルツ

嘘時々ホント

日焼け

が酷すぎてほとんど動かなかった。

鏡に映った僕の姿は非常に黒く、闇なのか人なのか判別がつかなかった。

途中で宅急便が来たので彼女と一緒に宅配業者の方を出迎えると業者の人は悲鳴を上げて逃げ出した。