日常と虚構のワルツ

嘘時々ホント

昼間

主体の生活にしてからすこぶる仕事の調子が良くなった。

おかげで帰ってから寝るだけの生活が続いている。

仕事の終わりに小説を書いたり、曲を作ったりするのが僕の主体だった。

夜更かしをしない生活は随分と体を楽にした。

そして休みを除くと趣味に没頭する時間が消えた。

僕はそれまで自分がアイデンティティーとして培ってきた全てを捨てている気がした。

仕事に生きるつもりはないのに、仕事に生きてしまっている気がした。

真綿で首を絞められるような、緩やかな苦しみに襲われている気がした。

奇妙な同居人たちが心配そうに僕を見ていた。

彼らの姿を見ると、僕はほっと安堵の息を吐き出してしまうのだ。

広告を非表示にする