日常と虚構のワルツ

嘘時々ホント

日記

猫娘に会うためにどう戦略を組むのか?

【猫娘とは】 猫耳と尻尾がついた娘。 凄く可愛い。(※画像はおっぱいが大きかったので全く関連がないですが最高です) 【猫娘と会うために、糸口を探す】 猫娘に会いたいんだけど、と言う話を僕がすると馬鹿じゃないのと言われた。 正確にはお馬鹿じゃない…

「秋が近付いて来たんだね」って隣人が恋人と会話していた話

【現状】 関西の面接が全滅したので家に引きこもっていますが、寄る年波がそれを許してくれません。 今日母が晩飯に招待してくれたので実家へ向かったのですが、道中鳩に糞をかけられました。 人生って厳しい事の連続なんだなって思いました。 【隣人の話】 …

大学の友人が教えてくれた本当にあったら怖い話

【A君】 大学時代の友人であるA君が度々飲もうと言ってくる。 先日A君と飲んだばかりなので少し飲みすぎな気もする。 僕の様なスーパーネオ無職ならいざ知らず、A君は社会人なのである。 「僕も無職とは言え、それほど暇ではないのですよ」 僕が言うと彼は「…

僕の大学時代の友達はいつの間にか風を読む能力を会得していた。

【後輩の話】 昔僕の後輩に太った男が居た。 彼は僕が所属していた軽音楽部の後輩だった。 ある練習終わり、ボーカルを担当していた女の子が飲み物を忘れてしまった。 「このままだと喉を痛めるかも……」と彼女は不安げな表情をしていた。 その様子を見た後輩…

餃子と会話してはいけない理由

【晩御飯について】 今日の晩御飯は餃子でした。 大事な事なので言っておきますがミンミンが放つ出来合いの餃子でした。 小麦粉を溶かした水を一緒にぶち込むとぱりぱりして上手いです。 【餃子が喋った!】 僕がご飯を食べていると餃子が話しかけてきました…

散髪

にいって家に帰ってくると呼び鈴が鳴った。 誰だろうと思い出てみると白い髪に白い鎧を来た人間がそこにいた。 「やぁやぁどうも、冬将軍です」 冬将軍はぺこぺこと頭を下げる。 「えらい唐突ですね」 「春なんで」 「暇なんですね」 「そういうわけです」 …